Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hizuoka.blog41.fc2.com/tb.php/2-c910bb61

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

panda3D(2)

eggファイルを圧縮してegg.pzにするにはbin/pzip.exeにeggファイルをドラックアンドドロップ。
展開したい場合は、egg.pzをbin/punzip.exeにドラッグアンドドロップ。

アニメーション付きのモデルを読み込み・アニメーションさせる場合は、
from direct.actor import Actor
actor = Actor.Actor("filename.egg", {"walk":"animationfilename"})
actor.reparentTo(render)
actor.loop("walk")
run()
のように、
引数にeggファイルとアニメーションの書かれたファイル名(拡張子なし)を入れて
Actorで読み込む。


モデル全体を動かしたい場合は、
#個々の動きを定義(posIntervalは位置、hprIntervalは向きの動きを定義。引数は時間(秒)、終了地点、開始地点。)
actorPosInterval1 = actor.posInterval(13, Point3(0,-10,0), startPos=Point3(0,10,0))
actorPosInterval2 = actor.posInterval(13, Point3(0,10,0), startPos=Point3(0,-10,0))
actorHprInterval1 = actor.hprInterval(3, Point3(180,0,0), startHpr=Point3(0,0,0))
actorHprInterval2 = actor.hprInterval(3, Point3(-180,0,0), startHpr=Point3(180,0,0))

#動きの順番を定義
actorPace = Sequence(actorPosInterval1, actorHprInterval1, actorPosInterval2, actorHprInterval2, name="actorPace")

#動きをループ
actorPace.loop()
のようにする。

以上。


・・・チュートリアルもライブラリ自体もかなり分かりやすいんで、
あえて説明書く必要ない気もしてきた。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://hizuoka.blog41.fc2.com/tb.php/2-c910bb61

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

ヒズ

Author:ヒズ
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。